2005年08月28日

35-100mm F2.0 姿を現す?

どうも、明日の全米オープンの8月29日が怪しい(オリンパスが冠スポンサーで、オリンパスのカメラが公式カメラでもあります)と、噂が出ています。
E-500なんてのもありましたが、海外のサイトでも新レンズの情報がありました?(笑)

噂サイト その1
噂サイト その2
噂サイト その3
噂サイト その4

side.jpg


front.jpg


もう実写レベルに入っているようです?
今回の情報は、ZUIKO DIGITAL 35-100mm F2.0の情報だけですが、この様子だと、他の14-35mm F2.0と90-250mm F2.8も、仕上げにかかっているのかもしれません?
楽しみです。
それにしても、最初はガセネタかと思いましたが、後ろの丸ボケが、思いっきり円形絞りなのですね?
50-200mmの線ボケの世界とは全く異質の素敵なボケ具合です。
単焦点の150mm F2.0と比べると可愛そうですが、それでも凄いですね。
尚、最短撮影距離は、1.4mと150mmF2.0と同等です。
150mm F2.0の経験から言うと、ちょっと微妙です・・・(苦笑)
重さは、どうやら約1.9Kg前後で、150mmF2.0より重そうです?
それでも、自分の中では、EOS 5Dが、一気にかすんでしまいました。(笑)
ちょっと揺れたフルサイズCCDも、太陽系の外まで飛んでいってしまいました・・・
やっぱり、写真はレンズですよね・・・
気合いが入ったレンズですよね。
あと、面白いのがレンズフードに入っている、小窓ですね。


food.jpg

けっこう、プロの方などが、PLフィルターを使用する時、フィルターを操作する際にフードを外さないで大丈夫にするアイテムですね。
プロの方で、わざわざ自分で切れ込みを入れている方もいらっしゃいますが、それが不要になりますし、その切れ込みから光が漏れることも無いと思います。
地味ですが、渋い!って感じの素敵な装備ですね。
高価でしょうが、とても楽しみなレンズです!
それにしても新E-1は、どうなっているんでしょうか???(苦笑)

こればっかり・・・(苦笑)

では、また。

関連リンク

驚きの新レンズ群発表!

世界初、開放F値2.0固定タイプの大口径ズームレンズ「ズイコーデジタルED 14-35mm F2.0」「ズイコーデジタルED 35-100mm F2.0」、および大口径超望遠ズームレンズ「ズイコーデジタルED 90-250mm F2.8」の開発について

posted by Uehan at 22:36| Comment(4) | TrackBack(0) | Four Thirds System | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
欲しい距離ですが、単がいいです。
よって100mmMacroが本命。
Posted by 傷天 at 2005年08月28日 23:25
そうなんですよね、150mm F2.0を使っていても思いますが、もうちょっと寄れるレンズも欲しいですよね?
うーん、悩みどころですよね???
三本とも買えれば最高なのですが?(笑)
Posted by Uehan at 2005年08月29日 00:26
結局、新機種はコンパクトしか発表されなかった様です。
確かに、29日の全米オープンというイベントの性格上、一般のユーザーにフィットする商品を出した方のが一番ですよね。
まだアメリカではデジタル一眼は、日本ほどブレイクしていないのでしょうね?
しかし、F2&F2.8ズームの価格くらい発表があるかなぁとかとは思っていましたが?(苦笑)
もうちょっと楽しみに待ちましょう?
Posted by Uehan at 2005年08月30日 06:27
フードのPLフィルタ用切れ込みって、実はペンタックスがやってました (^^)
しかし良いアイディアは積極的に採用していただきたいです>オリンパスさまさま
Posted by けーざい at 2005年09月26日 02:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。