2005年01月10日

日本車も馬鹿に出来ません

LafestaSky.jpg

最近、日本車のデザインが非常に素晴らしいと思います。
以前は、デザインのためのデザインのクルマが多かったのですが、最近は驚くくらいに非常にいいデザインのクルマが増えてきています。
実際、フェラーリのデザインを担当しているイタリアのピニンファリーやアウディのチーフデザイナーは日本人です。
現役のピニン・ファリーナの奥山さんは言うまでも無く、アウディの和田智さん、元オペルの児玉さんやイタリアの内田さんも有名ですよね。
そう考えると日本車のデザインも馬鹿にならないと思います。
ただ、まだまだ内装の質感やクルマの操作感ではヨーロッパ車のが一日の長がありますね。
ですが、徐々にその差は縮まってきていると思います。
そんな日本車の中にあって、最近気を吐いているのが日産とスバルですね。
スバルはアルファロメオからアンドレアス・ザパティナス氏を招聘しデザインに力を入れています。
(ちなみに、このR1,R2はスペインの方のデザインだと言われています)

R1.jpg

そして日産は、いすゞのビークロスで世界を沸かせた中村史郎氏がいます。
個人的にも、スバルのR1や日産のラフェスタはいいと思います。
特に、このラフェスタ、最初は拒否反応しかなかったのですが、価格とデザイン、機能性を考えると非常によく考えてあります。唸るクルマですね。
また、このパノラミックルーフは素晴らしいアイディアだと思います!
自分はオープンカーやサンルーフ好きなのでこれだけでOKです。(笑)
この地味なフランス車にも通じるコンセプトは素敵ですね。
贅沢ではないけれども豊かな生活が見えるデザインです。

Lafesta.jpg

それにしても、ラフェスタのデザインは奇をてらっていないようで新しいデザインを提案しています。
一見地味に見えますが、なかなかのデザインですよね。
後で、ディーラーに見に行ってみようと思っています。
今年は欧州のカーオブザイヤーはプリウスでしたし、日本車も馬鹿に出来ないとつくづく思います。
(ちなみに次点はシトロエンC4でした)
では、また。
posted by Uehan at 15:11| Comment(3) | TrackBack(1) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月15日

New147登場!

145.jpg

自分は以前、この写真のアルファ145の並行ものに乗っていたのですが、この145は非常にデザインがアルファしていました。
一目惚れって奴で本国で発表と同時に並行輸入で手に入れました。
確か、この色、装備のモノでは日本上陸第一号です。
正規輸入後も、このサンフーフは手に入りませんでした。(笑)
とても気に入っていたのですが、並行もの故のメンテナンス等の問題もあり(当時は正規輸入されていなかった為、なかなか部品が手に入らなかったのです)、手放してしてしまったのですが、今でも大好きなクルマであります。
以前も書きましたが、アポ無しでイタリアの本社迄、押し掛けてしまった程です。(苦笑)
そんなに大好きなアルファですが、145以降の156、166、147、GTA、GTと、そのデザインには元気がありません・・・
実際には、日本でも以前とは比較にはならないくらいに人気になっていますし、世界的にも好調を維持しているのも知っています。
ですが、何か違うんですよね?
この気持ち、旧来のアルファファンの方なら分かると思います。
最近、ブレラと言うジウジアーロ作のコンセプトカーが出ましたが、その後の8Cやビスコンティに至っては駄作、佳作、のオンパレードです。
ただ、SUVのカマルは個人的には、これ誰がデザインしたの?って感じでしたが。
156のブレラ顔のマイチェンもイマイチでしたし、Tiの名前も復活したのにイマイチ・・・
これは157か次期GTV(ブレラがベースと言われる?)迄待つしかないかと思っていました。
しかしながら、先日のパリサロンにさりげなく出ていた一台のクルマ・・・
あの147がマイチェンで、145の様な精悍な顔になっていたのです!
正直、驚きのフェイスリフトでした。
俗に言うブレラ顔ですが、非常に上手いデザインで、オリジナルの147よりこちらのが断然いいと思います!

147a.jpg

あの、ぬぼっとした緊張感の無い147の顔は正直自分は失敗だと感じていました。
でも、売れているんですよね。(苦笑)
最近の話では、実は156と147はウォルター・デ・シルバのオリジナルと言われていましたが、ジョルジエット・ジウジアーロ氏も手伝っていたと言う事です。
それにしても、デ・シルバがセアトに移籍後、アルファのデザイン部門のチーフとなったアンドレアス・ザパナティス(145の斬新なデザイン、147の内装他を手がけたと言われる)が辞任しスバルに行っちゃって、新しくチーフになったウルフガング・エッガー氏の実力は未知数でした。
一説には、社内コンペで、あのブレラを破ったという、8Cのデザインを手がけたとも言われますが、あの8Cのデザインを見ちゃうと、ちょっと期待薄いという感じでした・・・
156のマイチェンはジウジアーロ直々にやったという噂ですが、それにしても・・・
ところが、この147のマイテェンは100%成功ですね!
とても精悍になりました。
まさにアルファ!
今、親会社のフィアットは大変な状況で、マイチェンの資金も大変な状況でしょうが、その成約の中で、これはとても素晴らしい出来だと思います。

147b.jpg
147c.jpg

また、最小限の変更なから、リア周りも精悍になりました。
非常に見事なマイナーチェンジです。
ただ、話では精悍になったグリル周りは、一部145の様な穴があいていないグリルだそうです?(デザインの為のグリルと言う事ですね)

147d.jpg


話によると、足回りや内装、ミッション他にも一部手直しがされたそうで、そちらも期待出来そうです。
ちなみに、このマイチェンバージョン、来春の導入になりそうだとの事です。
シトロエンC4やアウトバックも気になりますが、このNew147も非常に気になります。
これだったら、157まで待たなくてもいいかな?と思える出来であります。(笑)
でも、ナビを付ける場合、悩む内装というのは相変わらずですね。(涙)

posted by Uehan at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月28日

Perfect!

実は、最近自分は大人しいのですが、けっこう自動車好き?でもあります。
けっこう、いろいろ乗っていましたが、ざっと出しても、シビックSIR、ビート、ロードスター、ゴルフ、フィアットプント、アルファ145、シトロエンC3・・・
特にアルファは、流行る前でしたが、イタリアの本社迄、押し掛けてしまいました。(笑)
ですが、なかなか見た瞬間に「これだ!」ってクルマって少ないのも事実です。(苦笑)
最近の車は、特に顕著です。
自分の大好きなアルファロメオの最近のクルマなんて、売れていますが、最悪なデザインです・・・(涙)
ですから、ずっとロードスターに乗っています。
最近気になるのは、アウトバックとエディックスですが、ちょっとイマイチな感じでもあります・・・
ところが、遂に出た、自分が気になっていた、「シトロエンC4」!
ある意味、予想イラスト以上の出来でした。
これは、自分が言うのもなんですが、久々に「これっ!」て感じが来ています。
もう、心がフランスに飛んでしまったくらいです。(苦笑)
自分も所有するまで分かりませんでしたが、フランス車には、スペックを超えたものがあります。
例えれば、「人生」を分かった大人の様な雰囲気があります。
そう言えば、フランスって国は、世界で最初に自動車レースをした国なんですよね。
もう、車での楽しみ方と言うのは、自分たちよりも1世紀も進んでします。
そういう国の車なんですよね。
一応、先行の公式フォトが公開されていますので、それをアップしてみます。

C4Front.jpg
フロントです、新世代シトロエンの顔です。
コンセプトカーのCエアラウンジ風です。

C4Back.jpg

リアです。
自分は、クルマのデザインはリアが命と思っています。
その意味からでも、これはパーフェクトだと思います?

C4in.jpg

室内です、上品で、若々しく、またフロントとリアのライトのデザインと外装デザインのテーマが完璧に反復されています。
室内のデザインと色遣いもパーフェクト!です。
しかし、この内装、更に秘密がありそうです。(笑)

C4Good.jpg

実は、自分はクルマはリアが命という説と、ステアリングのデザインが全てという説を持っています。(笑)
このステアリングは、もう涙ものですね。(笑)
分かる人には分かるデザイン。(涙もの)
更に、秘密が!(続く・・・)

このC4ですが、現在WRCで大活躍のクサラの後継車に当たります。
という事で、WRC用には、2ドアクーペがあるのですが、こちらもかっこいいのですが、自分的には、この4ドアのデザインが秀逸です。
シトロエンの伝統と、未来が完璧にデザインされていますね!
ハイドロサスペンションは無いけれど、シトロエンしています!
その他にも、レーン逸脱警報システム、タイヤ空気圧低下警報システム、等のシトロエンらしい近未来っぽい装備が付いています。(笑)
ちなみに、空気抵抗係数は0.28であの室内の広さの感じからすると、優秀です。
やはり高速クルーザーのシトロエンですね!
そして、究極の目玉は、ハンドル・・・
話では、センターのエアバックの入っている部分が動かずハンドルのリムだけ動くそうです。(笑)
しかもライトは、ハンドルと連動して動くそうです。(笑)
もう、シトロエン好きの方は。お分かりですね。(笑)
そう、あれです。
あのDSからSMへと続く伝統のデザイン復活です!
うーんと、自分はもう・・・
では、また。

posted by Uehan at 21:53| Comment(4) | TrackBack(1) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。